真田幸村の側室は何人いた? その中で最も愛された女性は?

Sponsored Links

2016年のNHK大河ドラマに決まった「真田丸」。ドラマでは真田幸村の生涯が描かれ、そのヒロインにはきり。このきりという女性は、幸村の側室になる、高梨内記の娘です。

大坂の陣で徳川軍を苦しめた勇猛な武将・真田幸村の愛した女性とは?

また側室は何人いたのでしょうか?

幸村の側室は何人?

幸村の妻(正室)は竹林院(大谷吉継の娘? 妹、姪説もある)ですが、他に3人ほど側室がいました。

隆清院

豊臣秀次の娘ですが、秀次が謀反の疑いで処刑された時には、幼少のため難をのがれたとされています。

五女・なほ(御田姫)、三男・幸信を産んでいます。

堀田興重の娘

真田家の家臣であった堀田興重の娘で、正室の竹林院が嫁いで来るまでは、正室の扱いだったとされています。

長女・阿菊を産んでいます。

高梨内記の娘

真田家の家臣であった高梨内記の娘であり、大坂の陣でも随行したとされ、そこで討死しています。

次女・於市、三女・阿梅を産んでいます。

正式には側室は3人ですが、九度山にいた時、百姓の娘との間に1男(四男?・之親)をもうけています。

幸村の正室・側室には、真田家家臣の娘か豊臣家ゆかりの者です。このことも、大坂の陣で豊臣方へついた理由の一つではないでしょうか?

Sponsored Links

蟄居中の九度山につれていったのは?

関ヶ原の戦いで西軍についたため、幸村は父・昌幸と共に九度山へ蟄居させられます。その時、家臣16人が随行したとされていますが、幸村は妻子も連れていきました。

ここでいう妻とは、正室・竹林院(大谷吉継の娘?)、側室・隆清院(豊臣秀次の娘)、側室・高梨内記の娘、子どもは、次女・於市ではないかと推測されます。それは幸村の子ども11人中8人が、この九度山にいた時に生まれているからです。

幸村に寵愛を受けたのは誰かはっきりとわかりませんが、正室・竹林院は、この九度山で5人の子どもを産みました。やはり幸村も正室は大切にしたのでしょうね。

また側室・高梨内記の娘は、幸村が九度山を脱出し大坂城へ入った際にも、父・高梨内記同様ついていき、大坂城にて討死しました。幸村を最後まで支え続けた女性は、高梨内記の娘かもしれません。

まとめ

戦国の世は特に子孫を残すために何人も側室を娶りました。幸村も、世の習わしに従ったものと思われます。しかし、蟄居中の身としては、いささか自由過ぎたのでは?とも思われます。

蟄居中のさびしさを紛らわしていたのでしょうか?

さて2016年のNHK大河ドラマ「真田丸」では、ヒロイン・きり(高梨内記の娘)を長澤まさみさんが演じられます。

劇中できりは、幸村の生涯のパートナーとして描かれるようです。

今から楽しみですね。

Sponsored Links

真田丸 関連商品


この記事が気に入ったら
いいねで歴史の小ネタを毎日お届け!

ひすとりびあの最新情報をお届けします

Twitterでひすとりびあをフォローしよう!

未來

未來

投稿者プロフィール

縄文時代~江戸時代までが大好きな独身歴女です。
歴史の登場人物に恋し、現代の男性には興味が湧かない変わり者です。
史実に隠れた疑問や歴史のロマンを、皆さんにおもしろく読んで頂ける記事を心がけたいと思います。

この著者の最新の記事

人名・事柄名

ページ上部へ戻る