戦国時代の武将 あなたは誰が好き? 人気ランキング

Sponsored Links

戦国時代を題材にしたゲームやアニメの影響もあって、歴史が好きな人ならば、戦国時代で好きな武将が1人くらいはいたりするものですよね。

現代の人たちに支持される武将は一体誰なのかランキングにしてみました。

ランキング

icon-rank-tk02_s10片倉小十郎

250px-Katakura_Kagetuna

伊達政宗に仕えた忠臣の片倉小十郎。私はこの武将がとても好きです。理由は、まだ伊達政宗が幼いころから傍で支えてきたまるで親のような存在であることや、政宗の片目が失われた後、己が失われた右目の代わりをすると忠義を誓ったところです。片倉小十郎は年齢的にももしかしたら政治的な手腕や武力といった面でも伊達政宗より上であったとも言われています。ですが彼は己が使えるただ一人の主に最後まで忠誠を誓っていたのが、今の時代には中々見れない男らしさがあってとても好感が持てます。

icon-rank-tk02_s09浅井長政

Azai_Nagamasa3

信長の妹であるお市の方と結婚し将来を有望視していたにも関わらず悲劇的な最後をとげた武将ですが、どの時代劇や文献を見てもお市の方ととても仲の良い夫婦としてえがかれお市の方が最後まで長政の事を慕っていたのが伝わってわかる。朝倉家と織田家の板挟みにならなければ、もっともっとすごい武将になっていた人物だと思う。

icon-rank-tk02_s08立花宗茂

250px-立花宗茂畫像

戦国時代の有名な武将は数多くいると思いますが、私はその中でも筑後柳河藩初代藩主である立花宗茂が好きです。私自身、祖母が福岡県柳川市に住んでいるので小さい頃から柳川を知ており、祖母が住んでいる周辺は歴史的な文化財もいくつかあるため、気付けば柳川の歴史にも興味をもつようになっていました。

icon-rank-tk02_s07武田信玄

220px-Takeda_Harunobu

よく知られている信玄の肖像画を見ると、あんまりイメージがつかないが、家臣が多少、失敗しても長い眼で育てていく度量があり、優れた家臣団を築き上げたところが好きです。家臣だけでは無く、領民の生活にも気を配り、治水対策にも力を入れました。「人は城、人は石垣、人は堀、情けは味方、仇は敵なり」の言葉は、人づくりの名人であることを示しています。

icon-rank-tk02_s06上杉謙信

Uesugi_Kenshin

私の中で上杉謙信は戦国時代の武将たちの好戦的な性格とはやや異色な本来は殺生を嫌う人格者というイメージがあります。本来は神に仕える僧侶として生きていくはずであった彼が戦国の世で大成していった過程に多くの葛藤や苦悩を想像してしまいます。そんな上杉謙信という人間像に尊敬や神秘性のようなものを感じます。

Sponsored Links

icon-rank-tk02_s05真田幸村

250px-Sanada_Yukimura

小国の次男として産まれ、お家の生き残りのため様々な大名へ人質として行き、戦では徳川家康を3度も苦しめるなど、戦国時代を代表する武将だから。特に、大阪冬の陣、夏の陣では寄せ集めの浪人集団の中にあり、異彩をはなつ活躍だった。

伝説が一人歩きしており、実在の人物はぱっとしませんが、策士としての能力、そして最後まで豊臣に殉じた姿に心打たれます。特に大坂の陣の最後に徳川家康の本陣まで後一歩と迫った鬼気迫る突撃は非常に印象的でした。もし本当にいたらですが、真田10勇士も魅力の1つです。

icon-rank-tk02_s04伊達政宗

640px-Date_Masamune02

頭も切れ武芸にも秀でていたすごい人。惜しむらくは生まれるのが遅すぎたことで、時代が時代なら信長や秀吉と天下争いをしていたのではないかといわれている人です。また実母との確執も、実母と仲良くない私にとっては好きだなと思う理由の一つ。

二十年くらい前に生まれていれば天下をとれていたかもしれないと言われる人です。本当に惜しかったみたいです。ルックスも好きです。独眼竜というあだ名も大好きです。ゲームとかでも美形に描かれていたり、料理もしたというから驚きです。

icon-rank-tk02_s03徳川家康

Tokugawa_Ieyasu2

辛抱強く、耐え難きを耐えて、粘って粘って天下を取って、粘っている間に考え抜いていたのであろう政策を実施したおかげで、江戸の太平が訪れ、今につながる日本独自の文化習慣が作り上げられているから。各大名が金持ちにならないように参勤交代させたり土木工事に狩り出したり、そりゃあとことん狡賢かったでしょうし、泣くに泣けない目にあった人だって物凄い数かもしれませんが。

徳川家康のイメージが忍耐。日本人の忍耐強さといざと言う時の決断力を持ち合わせた人物。こんな所が好きです。忍耐だけではないのは承知のうえなんですが、彼の教えが無ければ15代という長き江戸時代を作れなかったのではないでしょうか。

icon-rank-tk02_s02豊臣秀吉

250px-Toyotomi_hideyoshi

晩年は、ちょっと残念な感じになっていますが、トータルでは、非常に魅力のある人物だと思います。一農民から、権力者にまで、登りあがるストーリーが非常にわくわくします。また、人を動かすのが、非常に上手な人物だと思います。

結婚生活にいろいろ問題を抱えている主婦目線で考えてみました。彼の最大の良さは頭の良さではないかと思います。有名な「泣かぬなら泣かせて見せようホトトギス」に言えるように、工夫を凝らし解決策を見出すというところが、「結婚生活も上手くいきそう」と思わせる所以です。信長は気が短く夫婦喧嘩したら殺されそうだし、「泣くまで待とう」の家康は気が長すぎて動かないダンナとしてイライラしそう。

icon-rank-tk02_s01織田信長

Odanobunaga

楽市楽座や桶狭間の戦いなど、織田信長には今までのしきたりや習わしに囚われない自由で大胆な発想とそれを実際に実現する行動力がありました。異端児でただの自分勝手なイメージを持たれる事もありますが、キリスト教を認めるなど、実は当時の他の武将より俯瞰した大きな目でものが見えていた感じる事が多く一番尊敬する武将です。

基本的に自力であそこまで勢力を大きくしていったのは単純にすごいと思いますし、経済政策の概念や、新しい物事を創造していくことや、行動の大胆さは戦国時代の中でも一二を争うレベルだと思います。ピンチの時にもかなり強いのも魅力的であります。

Sponsored Links

真田丸 関連商品


この記事が気に入ったら
いいねで歴史の小ネタを毎日お届け!

ひすとりびあの最新情報をお届けします

Twitterでひすとりびあをフォローしよう!

人名・事柄名

ページ上部へ戻る