過去の記事一覧

  • 上杉謙信の死因は普段の食生活が原因だった!?

    今でこそ、病院に行けばほぼちゃんとした診断が付きますから、死因が不詳であるとか推定であるとかいったことはあまりありませんよね。 しかし、昔はそうはいきません。突然倒れて亡くなってしまったりしたら、周りは大騒ぎですね…
    • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 豊臣秀吉と前田利家 2人の友情は時には崩壊しかけたこともあった!?

    大河ドラマなどでは豊臣秀吉と前田利家は織田信長の家臣として友情を育んだ描写がよく見られます。 実際に豊臣秀吉は天下人となってからも、前田利家とは昔のような付き合いをしていたとも言われており、死の床においては秀頼の後…
    • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 秀吉の朝鮮出兵で見せた加藤清正の大活躍っぷりとは

    島国である日本は、古代より大陸との交流はありましたが、交戦となるとそれほどの回数はありませんでした。 しかし、日本の統一を果たした豊臣秀吉の目は大陸に向いていたのです。 まずは朝鮮半島、そして明までも征服しよ…
    • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • この2人も禁断の関係? 石田三成と大谷吉継は衆道の関係にあった!?

    徳川家康を討たんとして、挙兵をした石田三成。 その挙兵に一度は反対をしたものの最終的には三成の想いに応える形で参戦をした大谷吉継。 この2人には茶会の席での友情を伺わせる話もありますが、二人は衆道の関係にあっ…
    • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 木村重成の首実検 香を焚きこめていた理由は武士としての美学だった!?

    戦国末期に、ほんの短い間だけですが、鮮烈な印象を残した若武者がいました。 彼の名は、木村重成(きむらしげなり)。豊臣秀頼の乳兄弟に当たります。 秀頼からの信頼も厚く、苦境にあった豊臣家に必死に尽くしました。あ…
    • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 戦国武将の中でも大男!? 加藤清正の身長はどれくらい?

    豊臣秀吉の子飼いの武将としても有名で、築城の名手だった話なども伝わる加藤清正ですが、当時からするととても大男だったと伝えられています。 いったい彼はどれほどの身長だったのでしょうか。 加藤清正の身長 加藤清正の…
    • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 関ヶ原の戦い後、安国寺恵瓊が処刑されなくてはいけなかった理由とは

    僧侶として、自身の弁舌と交渉力で世を渡ってきた異僧:安国寺恵瓊(あんこくじえけい)。 あの織田信長の治世の終焉と豊臣秀吉の台頭を予言したとも言われていますね。 そんな彼の交渉人としての能力は、多くの大名たちが…
    • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • クリスマスは休みたい! 爆死で有名な松永久秀が行った驚きの休戦戦術!

    松永久秀といえば、何度も織田信長を裏切ったり、最期はお気に入りの茶釜と爆死したなど、戦国時代でも独特の存在感を放つ人物です。 この久秀の驚きのエピソードとして、クリスマスは戦いたくない! 休戦しようなんて、戦…
    • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 島津家の代名詞 島津家久が得意とした釣り野伏せとはどんな策!?

    島津家といえば、釣り野伏せに捨てがまりと何だか凄そうな戦術の名前が出てきます。 また、島津勢は兎にも角にも勇猛果敢な軍勢だったとも伝わっています。 今回は釣り野伏せを得意とした島津家久とその戦術について迫りま…
    • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 大谷吉継が大谷刑部と呼ばれるけれど、刑部ってどういう意味?

    小早川秀秋が「金吾(きんご)中納言」と呼ばれることがあるように、大谷吉継はよく「大谷刑部(ぎょうぶ)」と呼ばれたりしているシーンをドラマなどでも見かけますよね。 小早川秀秋と照らし合わせると、おそらく刑部とは官職な…
    • このエントリーをはてなブックマークに追加

人名・事柄名

ページ上部へ戻る