カテゴリー:紫式部

  • 紫式部は藤原道長の愛人だった? 源氏物語に秘められたロマン

    源氏物語は紫式部によって書かれた世界最古の長編小説と言われています。概ね10世紀の平安朝の宮廷を舞台とし、帝と身分の低い妃との間に生まれた主人公光源氏の栄華と苦悩、子孫達の人生を描いた作品で、その総ボリュームは400字詰…
    • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 清少納言と紫式部は、どんな性格だったのか?

    清少納言も紫式部も平安時代中期に活躍した女流作家であり歌人です。 二人は、身の回りの出来事や人物について随筆や日記をいう形で残しています。 これらは当時の女性の暮らしや考え方を知ることができる貴重な書物ですが、そ…
    • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 清少納言と紫式部はライバル関係だった?

    清少納言と紫式部は、ともに平安時代中期に活躍した女流作家であり歌人で、仕えた主は、同じ一条天皇の妃でした。 清少納言が仕えた主は、中宮・定子、紫式部が仕えた主は、中宮・彰子です。 そして、定子の父・藤原道隆と彰子…
    • このエントリーをはてなブックマークに追加

人名・事柄名

ページ上部へ戻る