カテゴリー:ま行

  • 豊臣秀吉と前田利家 2人の友情は時には崩壊しかけたこともあった!?

    大河ドラマなどでは豊臣秀吉と前田利家は織田信長の家臣として友情を育んだ描写がよく見られます。 実際に豊臣秀吉は天下人となってからも、前田利家とは昔のような付き合いをしていたとも言われており、死の床においては秀頼の後…
    • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • クリスマスは休みたい! 爆死で有名な松永久秀が行った驚きの休戦戦術!

    松永久秀といえば、何度も織田信長を裏切ったり、最期はお気に入りの茶釜と爆死したなど、戦国時代でも独特の存在感を放つ人物です。 この久秀の驚きのエピソードとして、クリスマスは戦いたくない! 休戦しようなんて、戦…
    • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 関ヶ原の戦いで毛利秀元が動けず、参戦出来なかった理由とは

    毛利家は、実に一族の結び付きが深い家です。 毛利元就の後継ぎ以外の息子たちは有力家臣となり、本家を支えました。それは子孫たちへ連綿と受け継がれていくのです。 一時は毛利輝元の嗣子となり、次代の毛利家のプリンス…
    • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 戦国きってのカブキ者 ド派手な前田利家の兜に込められた意味とは

    現在の石川県、加賀百万石を一代で築き上げたと言われる前田利家。 織田信長や豊臣秀吉の元で戦歴を重ねた前田利家は、その人柄から他の武将たちにも慕われ、調停役や交渉役を務めることも多かったと言います。 2002年…
    • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 五大老筆頭 徳川家康は他の大老たちを凌駕するだけの力を持っていた!?

    豊臣秀吉の五大老・五奉行について、筆頭は誰なのかとか、序列があったのかとか、ちょっとしたことですが疑問が生じてきますよね。 天下の中枢にいた大名たちのことですから、どうしても気になってしまいます。 でも、格別…
    • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 森蘭丸だけじゃない! 織田信長と前田利家も衆道の関係だった!?

    戦国時代に衆道が一般的だったことは、皆さんご存知だと思います。 すると、織田信長と森蘭丸の関係がそうだったんじゃないかとか、まず思い浮かびますよね。 他にも多くの武将がそういう関係だったんじゃないだろうかと推…
    • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 紫式部は藤原道長の愛人だった? 源氏物語に秘められたロマン

    源氏物語は紫式部によって書かれた世界最古の長編小説と言われています。概ね10世紀の平安朝の宮廷を舞台とし、帝と身分の低い妃との間に生まれた主人公光源氏の栄華と苦悩、子孫達の人生を描いた作品で、その総ボリュームは400字詰…
    • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 松尾芭蕉は忍者だった? ウワサの出どころを徹底調査!

    ” 五月雨を集めて早し最上川 ” ” 夏草や兵(つはもの)どもが夢の跡 ” 旅の情景の浮かぶような名句を、数々世に送り出した 俳聖 松尾芭蕉。 紀行文『奥の細道』で知られる松尾芭蕉は、実は忍者だったという説が…
    • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 槍の又左こと前田利家の愛槍は現存している?

    何事においても、エキスパートというのは尊敬すべき存在です。 戦が絶えない世の中だったら、武器のエキスパートは神様に近い存在だったのではないでしょうか。剣、弓、銃、そして槍など、多くの武器の名手が存在します。 …
    • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 正岡子規の死因 脊椎カリエスとはどんな病気だった!?

    正岡子規と聞いて皆さんは何を思いうかべるでしょうか。 ” 柿食えば 鐘がなるなり 法隆寺 ” という俳句は、皆さんにも馴染みのある作品かもしれません。 正岡子規は、俳人、歌人、文筆家として、明治の文学者…
    • このエントリーをはてなブックマークに追加

人名・事柄名

ページ上部へ戻る