カテゴリー:丹羽長秀

  • By: Takeshi KOUNO

    丹羽長秀 清州会議での立ち回りの理由

    丹羽長秀は織田信長の重臣で、地味ではありますが堅実に仕事をこなし、米五郎左と呼ばれ、米のように欠かすことができない存在だと言われていました。 ところが、1582年(天正10年)6月2日、本能寺の変で信長が討たれてし…
    • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 出典:丹羽長秀 - Wikipedia

    丹羽長秀の死因は腹にいた虫だった!?

    織田信長に仕えた武将・丹羽長秀。 織田家の家臣の序列としては柴田勝家に続く二番家老という立ち位置でした。 そして、本能寺の変で信長が明智光秀に討たれた後は豊臣秀吉(当時は羽柴)と共に明智光秀を山崎の戦いで討っ…
    • このエントリーをはてなブックマークに追加

人名・事柄名

ページ上部へ戻る