カテゴリー:豊臣秀頼

  • 関ヶ原の戦い 豊臣秀頼が西軍として参戦しなかった理由とは

    豊臣秀頼が西軍として参戦していたら関ヶ原の戦いの結果は変わっていただろうと言われています。 歴史をそこまで知らない人からすれば「なんで豊臣と徳川の戦いなのに秀頼がいなかったの?」という疑問もあるでしょう。 実…
    • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 豊臣秀頼はかまぼこが大好き! 当時も同じような物を食べていたの?

    豊臣秀吉の後継者として、育てられた豊臣秀頼ですが、かまぼこが大好物だったと言われています。 当時のかまぼこはどのようなものだったのでしょうか。 また、現在のように一般的な食べ物だったのでしょうか。 加藤清正…
    • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 豊臣秀吉の子孫は実在していた!? 明治時代まで存続していたという話に迫る!

    夢や憧れ、歴史のロマンが詰まった戦国武将という存在。実は自分はあの戦国武将の子孫だ、なんて言うと「えー!?」と驚かれるかもしれません。 しかし、スポーツ選手で言えばスケートの織田信長の子孫にあたる織田信成選手、芸能…
    • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 豊臣秀頼の遺骨はどこにある!? 大坂城で発見されたという話も!

    豊臣秀頼は言わずと知れた豊臣秀吉の息子で、大坂夏の陣で敗れ、母:淀殿と共に自害し非業の最期を遂げました。 戦国時代の武将の場合、首を取られたりしたならばまだしも、自刃した場所が炎上してしまったりすると、遺体どころの…
    • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 豊臣家は滅亡しなければならなかったのか!? 情勢から探る!

    関ヶ原の戦い以降、徳川家の勢力は増していきます。 1603年、家康が征夷大将軍となっても、豊臣家やその家臣たちは「家康の次は、秀頼に継がれる」と思っていました。 また家康も、最初は豊臣家を滅亡に追い込むまでは考え…
    • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 高身長の大野治長こそ、豊臣秀頼の父親!?

    秀吉の側室として大阪の役で最後まで豊臣家存続のため戦った淀殿。 その淀殿の乳母である大蔵卿局の子が大野治長です。 そんな治長は、苦戦を強いられる大阪の役で最後まで淀殿を支えただけでなく、色白でイケメン、さらには高…
    • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 大坂城落城後の豊臣秀頼の子孫たちの運命

    秀吉の唯一の後継ぎとなりながら、大坂の役で家康に敗北し、自刃した豊臣秀頼。 彼には2人の子どもがいたといわれています。 大坂城落城後の彼らの運命はどのようなものだったのでしょうか。 豊臣国松 長男は国松といい…
    • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 豊臣秀頼の子 国松の生涯

    正室・千姫との間に子がなかった豊臣秀頼ですが、側室・伊茶との間に国松という男子がいました。 国松とはどういう人物だったのでしょうか。 国松の誕生 国松は慶長13年(1608)、側室・伊茶の子として生まれました。…
    • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 豊臣秀頼と千姫の結婚にはどんな意味があった?

    豊臣家の嫡男・秀頼と徳川家の嫡男・秀忠の長女である千姫。 二人は慶長8年(1603)結婚しました。 天下をどちらが握るのかという状況の中で執り行われた二人の結婚にはどんな意味があったのでしょうか。 二人の婚姻を…
    • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 豊臣秀頼の身長と体重が大坂の役敗北の原因!?

    豊臣秀吉の後継ぎとして淀殿の愛情を一身に受けて育った豊臣秀頼。 京わらべ歌に「花の様な秀頼様」と歌われたり、残されている肖像画を見る限り、ととても小柄で優しそうな男の人だったことが想像されます。 しかし、実際は「…
    • このエントリーをはてなブックマークに追加

人名・事柄名

ページ上部へ戻る