カテゴリー:徳川慶喜

  • 徳川慶喜が大政奉還に踏み切った狙いとは?

    国内で尊王攘夷派が討幕を目指して活動を活発化させていた1867年。 江戸幕府15代将軍・徳川慶喜は突如大政奉還を上奏しました。 政権を朝廷に返すという大政奉還は、一見すると討幕派に対して自ら負けを認めるようにも映…
    • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 大政奉還の意味をわかりやすく解説

    大政奉還とは、当時の将軍・徳川慶喜による政権の返上のことです。 尊王攘夷運動が高まる中で、将軍自らの白旗ともとれるこの出来事ですが、なぜ慶喜は大政奉還へと踏み切ったのでしょうか。 またこのことは慶喜や徳川家にどの…
    • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 徳川慶喜の趣味の写真撮影 その腕前は?

    江戸幕府最後の将軍・徳川慶喜。在位わずか1年で幕府を崩壊させてしまいますが、勝海舟らの交渉で死罪をまぬがれ、明治・大正の世を生きました。 そんな慶喜は、潤沢な隠居手当を元に明治に入って多くの趣味を持ち、余生を楽しん…
    • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 徳川最後の将軍イケメン慶喜と側室

    徳川慶喜は、水戸の烈公といわれた徳川斉昭の子供です。 若い頃から、英才の誉れ高く、日光東照宮(徳川家康)の再来と将来を嘱望されました。しかし、慶喜が将軍になった時期、徳川幕府は末期的な症状で、どのような外交政策も、…
    • このエントリーをはてなブックマークに追加

人名・事柄名

ページ上部へ戻る