カテゴリー:た行

  • 徳川秀忠の大遅参!天下分け目の戦い関ヶ原に遅れた事情とは

    あの時、関ヶ原に遅参してしまった…。これが江戸幕府2代将軍、徳川秀忠(1579-1632)に深く突き刺さった、大きなトラウマでした。 彼は徳川家康の息子で後継ぎだったわけですが、歴史的に有名な”関ヶ原の戦い”が行わ…
    • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 伊達政宗のエピソード集!性格を偲ばせる6つの逸話集

    皆様は伊達政宗の性格にどういうイメージを持ってますか? 政宗と言えば、奥州の雄と呼ばれた仙台藩60万石の始祖(1567~1636)。その性格や行動はどんな感じだったのでしょう。 几帳面で繊細な人?おおらかで大…
    • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 軍師竹中半兵衛の死因は?天下人秀吉の前半生を支えた天才の最期

    現代とは違って昔の人の場合、その死因は時にあいまいな形で伝わっています。 竹中半兵衛重治もそのひとりです。竹中半兵衛は豊臣秀吉が木下秀吉~羽柴秀吉と名乗っていた時代に、その活躍を支えていた智将でした。 秀吉の…
    • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 藤堂高虎の超個性的な兜には、何か深い意味があった!?

    変わり兜にも色々ありますが、その中でも藤堂高虎所有と伝わる兜は特別な存在感を放っています。 現代人ならきっと誰もが、一目見たら驚くようなデザインではないでしょうか。 戦国時代に活躍した武将達は個性的な人物が多…
    • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 新撰組の斬り込み隊長!藤堂平助の性格とは

    新撰組の八番隊組長をつとめ、斎藤一と並び最年少幹部としても知られる藤堂平助。 近藤勇の四天王とまで言われていた藤堂平助は、じつは津藩主のご落胤説のある人物です。 そんな藤堂平助は、いったいどんな性格だったので…
    • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 築山殿は悪妻だった!? 徳川家康正室の謎に包まれた生涯とその性格

    徳川家康が何人もの側室を持った大変な女好きだったことは有名だと思いますが、家康の正室だった女性、築山殿のことを皆様はご存じでしょうか? 後世書かれた書物は一様に、「築山殿は性格が悪く、妬み深かった」「築山殿が息子の信康…
    • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 豊臣秀吉の墓は一体どこにある!?遺骨が埋まる場所とは

    戦国大名の墓って、ひとつでなかったりしますよね。いろいろなところに散らばっていて、いったいどこが本物なの!?と頭を悩ませることもあったり…。本当にそこに遺骨が埋まっているのかも定かでなかったりします。 豊臣秀吉の墓…
    • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 関ヶ原の戦いの前哨戦 鳥居元忠が命をかけた伏見城の戦いとは

    1600年7月に起きた伏見城の戦いは、10月に起こった関ヶ原の戦いの前哨戦でした。 伏見城を守るのは鳥居元忠、徳川家康がまだ松平竹千代と名乗り、今川氏の人質だったころから仕えた重臣です。対して、攻めるのは石田三成を…
    • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 徳川家康が愛した麦飯は、健康食のはしりだった?

    徳川家康が健康オタクだったことは割と有名です。運動のためにと鷹狩りに生涯1000回以上も行ったり、自分で薬を調合したりとけっこうなオタクです。 加えて、家康が気にしていたのは食生活でした。現代の私たちからすれば、び…
    • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 徳川家康と鷹狩り 家康が鷹狩りに夢中になっていたわけとは

    鷹狩りって、鷹を狩る?…ことではなくて、鷹を使って狩りをすることです。腕に大きな鷹を乗せている図、見たことがある方も多いのではないかともいます。 鷹狩りをこよなく愛した大名の筆頭が、徳川家康でした。生涯で1000回…
    • このエントリーをはてなブックマークに追加

人名・事柄名

ページ上部へ戻る