カテゴリー:真田昌幸

  • 出典:松代藩 - Wikipedia

    真田昌幸が決断した父子の別れにより、真田家の石高は増えていた!

    戦国時代の武将・大名であった真田昌幸。 彼は関ヶ原の戦いに臨むにあたり、自身は次男の幸村と共に西軍につきました。 しかし、お家存続のために長男の信之には東軍につかせて「犬伏の別れ」をしました。 それによ…
    • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 077f31405c0e53051af18f758dd22a67_s

    戦国時代一の知将 真田昌幸の晩年の生活はうつ病だった!?

    真田昌幸といえば、真田幸村の父、そして戦国時代きっての知将・謀将として知られています。 華々しい活躍がありながら、最期は蟄居先での無念の死。 真田昌幸の生涯がどんな物だったかを見ていきましょう。 真田父子の…
    • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • aa778f7fe01ebaafe07911da2d8a693a_s

    真田信之・真田幸村兄弟の姉 弟達に敬愛された村松殿の生涯

    真田幸村の兄弟と言えば敵同士に分かれた兄:真田信之の名が真っ先に浮かんでくるという人は多いのではないでしょうか。 しかし、幸村と信之、この二人に敬愛された姉の存在も真田家にとって大きな物だった事は知られていません。…
    • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • By: Kuruman

    真田信之が親・弟と関ヶ原の戦いの際に決別をしたワケ

    真田一族の中で戦国時代を生き残り、江戸時代まで生きた真田信之は、真田昌幸の長男で、信繁の兄にあたる人物です。 真田氏というとどうしても昌幸や信繁の方に目が行き、関ヶ原の戦いで西軍に組したイメージの方が強いかもしれま…
    • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • By: karinckarinc

    徳川秀忠が関ヶ原に遅刻した理由は?

    慶長5年(1600)9月15日、天下分け目の関ヶ原合戦が行われ、徳川家康率いる東軍と石田三成が主導する西軍とが激突しました。 しかし、この戦いに遅刻してしまったために家康に激しく叱られてしまった武将がいました。 …
    • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 出典:Wikipedia

    徳川家康を震え上がらせた 真田幸村と父・昌幸の上田合戦に迫る!

    天正13年(1585)、家康は7000とも8000ともいわれる大軍を上田城に送りこみました。 世にいう第一次上田合戦です。 この戦で家康は真田昌幸・幸村父子の恐ろしさを目にすることになるのですが、どのような戦だっ…
    • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • By: lensonjapan

    真田昌幸は卑怯者として戦国を生き抜いた!?

    「卑怯者」というと、「正々堂々としていない」「臆病」といったネガティブな意味でつかわれることがほとんどでしょう。 真田幸村の父で、真田家を戦国大名として躍進させた張本人である真田昌幸は、当時の人々に「卑怯者」と評さ…
    • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 出典:Wikipedia

    真田昌幸のお墓はどこにある?

    真田幸村の父・昌幸は武田二十四将に数えられるとともに、豊臣秀吉が「表裏比興の者」と称え、家康が最も恐れた男といわれています。 ここではそんな昌幸の半生をまとめていきます。 人質から足軽大将へ 天文16年(157…
    • このエントリーをはてなブックマークに追加

人名・事柄名

ページ上部へ戻る