カテゴリー:後藤又兵衛

  • By: Christopher Eden

    大坂の陣 豊臣方についた浪人たちはどこからやってきた?

    大坂の陣は豊臣家と徳川家の最終決戦の戦いですが、基盤を固め国を支配していく徳川家に対し、豊臣家に味方する大名は減っていました。 そこで豊臣家は、秀吉が遺した財力に物を言わせ、武器・兵糧・浪人たちを集めることを画策し…
    • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • By: Carl Nenzén Lovén

    後藤又兵衛の子孫は大坂の陣の後どうなった!?

    大坂の陣で見事な戦いぶりを見せた後藤又兵衛は、もともとは黒田藩の家臣で、関ヶ原の戦いでは、東軍として戦っています。 その後、理由は定かとはされていませんが、黒田家を出奔、各地を放浪の後、大坂の陣の前に大坂城へ入城し…
    • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • By: MGdesigner

    後藤又兵衛が黒田長政と不仲になった理由

    「槍の又兵衛」とも呼ばれ、猛将として知られる後藤又兵衛は、軍師として名高い黒田官兵衛から軍略を伝授され、朝鮮出兵や関ケ原の戦いで武功を立てました。しかし、官兵衛の後を継いだ長政との不仲が原因で出奔してしまいます。幼い…
    • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • gotoumototsugu

    最後は真田幸村と大阪の役で奮戦した後藤又兵衛

    黒田二十四騎、さらには黒田八虎に数えられる後藤又兵衛は、一方で真田幸村らと共に秀頼四天王の一人にも数えられています。 後藤又兵衛とはどのような人物だったのでしょうか。 黒田家家臣となる 又兵衛は通称で、本名は基…
    • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • By: TANAKA Juuyoh (田中十洋)

    黒田二十四騎の生涯とその後

    秀吉の軍師として広く知られるようになった黒田官兵衛。その黒田家の家臣の中でも精鋭24人を黒田二十四騎と呼びます。ここではその中でも更に優れたとされる黒田八虎のうち5人をクローズアップしてその生涯とその後をたどっていき…
    • このエントリーをはてなブックマークに追加

人名・事柄名

ページ上部へ戻る