カテゴリー:あ行

  • e24609104ade0afb57f4ea720cceab77_s

    桶狭間の戦い 今川軍の武将として参戦した徳川家康の動きに迫る!

    桶狭間の戦いと言えば、織田信長が今川義元を討った戦いですよね。 そのイメージが強烈すぎて、つい失念しがちなのですが、実は徳川家康(当時は松平元康)も出陣していたのです。 しかも今川方の一員でした。でも、桶狭間…
    • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 4b3aaa5dd9f0918d8ca00db544e50664_s

    太原雪斎が仕掛けた甲相駿三国同盟 この同盟が作られた理由は!?

    織田信長が台頭してくる直前、関東・東海を舞台に、大きな同盟が結ばれていたことをご存知でしょうか。 甲=甲斐・武田信玄、相=相模・北条氏康、駿=駿府・今川義元の三氏による、甲相駿(こうそうすん)三国同盟です。 …
    • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 55c487a9ce652f508be68e6e726fe806_s

    徳川家忠臣のはずの石川数正が出奔し、豊臣家に仕えた理由とは?

    徳川家康が今川義元の元で人質だった時代から仕えていた石川数正。 そんな彼は豊臣秀吉と徳川家康の間で行われた小牧・長久手の戦いの後に、出奔し豊臣秀吉に仕えるという信じられない行動に出ています。 家康の幼少時代か…
    • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ab547cf4f56145029ef1dfc90b71cd0b_s

    桶狭間の戦い 実は織田信長による奇襲作戦ではなかった!?

    織田信長がその名を轟かせた戦いこそが、桶狭間の戦いでした。 雨に紛れて今川陣営に奇襲をかけ、乱戦の中で敵将・今川義元を討ち取った…というのが、イメージとして浮かんできますよね。 しかし、これが奇襲ではなかった…
    • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • a91a750198e4e94398ce5449557b643c_s

    宇喜多秀家は関ヶ原の戦いの実は西軍サイドの首謀者だった!?

    豊臣政権下の五大老の1人宇喜多秀家は関ヶ原の戦いでは西軍として最大の兵力をもってこの戦に臨んでいます。 石田三成側についた理由を彼の立場から見ていくことにしましょう。 豊臣家への恩義 宇喜多秀家が9歳の時に、織…
    • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 6f6ad53ac5d2e760298fb4a2873c7324_s

    関ヶ原の戦いに敗れた後の宇喜多秀家の八丈島での生活ぶりとは

    豊臣秀吉の家臣で、五大老の一人であった宇喜多秀家。 彼は関ヶ原の戦いで西軍についた後、八丈島に流されましたが、その島での生活はどのようなものだったのでしょうか。 関ヶ原の戦いの後 石田三成とともに関ヶ原の戦いで…
    • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 225fb08b8a64e64894070c00fabead0f_s

    小山田信茂が率いた 武田の投石部隊ってどんな事をしていたの!?

    三方ヶ原の戦いにおいて武田氏は投石部隊を用いて戦ったと言われています。 その部隊を率いたのは小山田信茂。家康を苦しめた三方ヶ原の戦いで使われた投石とはどのような物だったのでしょうか。 そして、投石部隊を率いた…
    • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 出典:宇喜多秀家 - Wikipedia

    戦国のイケメンおぼっちゃま 宇喜多秀家のモテ人生

    備前美作57万4,000石の大大名で五大老の一人だった宇喜多秀家ですが、関ヶ原の戦いで敗れ八丈島に流されてしまいます。 しかし、彼はその肖像画からもイケメンの雰囲気を醸しだしており、モテモテエピソードもあるとされて…
    • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • b3ee512057516eb497e6c3d16922087f_s

    小山田信茂が処刑されてしまった理由は決断が出来なかったから!?

    関東で一大勢力を誇った武田氏の滅亡は戦国時代の中でも特に時代を揺るがす大事件だったと言えます。 追い詰められる武田氏に従いながら最後の最後に裏切ってしまった小山田信茂。武田氏滅亡後、投降した彼に下されたのは厳しい処…
    • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 65082ecab4a7111be98861558ae1767b_s

    新撰組の強さの源!天然理心流とはどんな特徴を持った剣術だった!?

    志を掲げ、幕末を駆け抜けた新撰組。 新撰組の幹部のほとんどが、「天然理心流」という剣術の流派を修めていました。 今回は、その「天然理心流」とはどんな剣術だったのかについて迫ります。 「新撰組」の活躍と共に有…
    • このエントリーをはてなブックマークに追加

人名・事柄名

ページ上部へ戻る