カテゴリー:あ行

  • 石田三成に過ぎたるものこと 島左近は本当にそれほどの人物だった!?

    別名「鬼左近」と呼ばれ、戦場での戦いぶりは鬼神のようであった島左近ですが、どうしてそれほどの猛将が石田三成に仕えていたのでしょうか。 後で登場しますが、三成には「過ぎた」家臣であったと評されています。 関ヶ原…
    • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 穴山梅雪は何故、武田勝頼を裏切った? 武田氏の命運を左右した男の謎にせまる

    武田勝頼と穴山梅雪。 彼らは主君と家臣であると同時に、縁戚関係で結ばれた親戚同士でもありました。 しかし、織田、徳川軍の甲斐侵攻の際、梅雪は勝頼を見限り、徳川家康に投降してしまいます。一体なぜ梅雪は勝頼を裏切…
    • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 井伊直政と徳川家康も、もしかして禁断の関係だった!?

    戦国の世において、男ばかりの戦場に、女性を連れて行くのはなかなか大変なことでした。 また、命がけで日々戦いに臨む主従としては、関係の強化という意味でも、必要だったことがあるんです…。つまり、男色関係ってやつですね。…
    • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • もし、太原雪斎が生きていたら、桶狭間の戦いはどうなっていた!?

    歴史に「if」はタブーであり、同時に付き物でもあります。「もし○○でなかったら、●●だったかもしれない」という想像をふくらませて、現代の私たちは当時の人々に思いを馳せるわけです。それがまたワクワクするんです。 太原…
    • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 武田氏を裏切った穴山梅雪 その子孫は一体どうなった?

    武田氏の滅亡という大きな事件の裏には、穴山氏を始めとした有力な家臣の裏切りが大きく関わってきます。 その穴山氏の当主:穴山梅雪と穴山氏は武田氏滅亡後、どうなったのでしょうか。 武田氏を見限った穴山梅雪 穴山梅雪…
    • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 新撰組ファン必見! 隊旗に書かれた「誠」の文字の意味とは!?

    新撰組といえば「誠」。 隊旗にもあの浅葱色の羽織にも、「誠」の文字が書かれています。 言霊の国日本において、彼らが掲げた「誠」の文字に込められた意味を知ることは、そのまま彼らの生き様や思想を知ることにも繋がり…
    • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 「誠」の旗のもとに!新撰組の象徴 隊旗の色の謎に迫る

    滅びゆく江戸幕府と運命を共にし、幕末を駆け抜けた新撰組。 その新撰組の象徴とも言える隊旗の色ですが、様々なデザインがあったりしています。 実際にはどの隊旗が使われていたのか、隊旗の謎について、今回はご紹介して…
    • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 前代未聞の大事件! 織田信長が比叡山延暦寺を焼き討ちした理由とは!?

    織田信長の数々の「悪行」と呼ばれるものの中に比叡山延暦寺への焼き討ちがあります。 多くの僧侶や女子供が殺されたこの事件は神仏を恐れない暴虐な行いだったと言われますが、本当にそうだったのでしょうか? 当時の比叡…
    • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 第六天魔王は織田信長の自称だった!? あだ名に込められたブラックユーモア

    戦国時代の覇者織田信長。 彼を第六天魔王と呼ぶのは一度は聞いた事があるのではないでしょうか。 魔王なんてなんともインパクトのあるあだ名ですが、一体彼はなぜそう呼ばれるようになったのでしょう。 その経緯に…
    • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 夭逝した天才剣士 沖田総司の必殺奥義三段突きとはどんな技!?

    幕末に活躍した新撰組において、天才剣士の名高い沖田総司。 19歳で天然理心流の免許皆伝、塾頭を務めるほどの実力で、その強さは新撰組随一とも言われています。 今回はそんな沖田総司が得意としていた必殺技「三段突き…
    • このエントリーをはてなブックマークに追加

人名・事柄名

ページ上部へ戻る