カテゴリー:大谷吉継

  • f5051314c93d7f06fd48666525a03fce_s

    この2人も禁断の関係? 石田三成と大谷吉継は衆道の関係にあった!?

    徳川家康を討たんとして、挙兵をした石田三成。 その挙兵に一度は反対をしたものの最終的には三成の想いに応える形で参戦をした大谷吉継。 この2人には茶会の席での友情を伺わせる話もありますが、二人は衆道の関係にあっ…
    • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 5ccf3f65e7bc09af0073af1deb5ba630_s

    大谷吉継が大谷刑部と呼ばれるけれど、刑部ってどういう意味?

    小早川秀秋が「金吾(きんご)中納言」と呼ばれることがあるように、大谷吉継はよく「大谷刑部(ぎょうぶ)」と呼ばれたりしているシーンをドラマなどでも見かけますよね。 小早川秀秋と照らし合わせると、おそらく刑部とは官職な…
    • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • By: jeff~

    大谷吉継の病気はいつから発症していた? 不治の病を抱えた彼を突き動かした想いとは

    天下分け目の関ヶ原の戦い。戦国時代の終盤を華々しく飾るこの戦いに、友情の為に駆けつけたある武将の姿がありました。 浅葱色の頭巾で顔をすっぽりと隠し、練絹の上に群れ飛ぶ蝶を漆黒で描いた直垂姿で輿の上より軍を指揮するそ…
    • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • By: karinckarinc

    大谷吉継の辞世の句から探る彼の人間像とは

    辞世の句には、死を前にしてその人となりがわかるものです。 関ヶ原の戦いで自害した大谷吉継は、それまであまり目立った武将ではありませんでした。 辞世の句を見ながら、大谷吉継の人柄を垣間見てみましょう。 辞世の…
    • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • By: Yasuhisa Yamazaki

    大谷吉継が関ヶ原の戦いで西軍についた理由は?

    大谷吉継は、豊臣秀吉の家臣でした。その吉継が、関ヶ原の戦いで西軍についたことは不自然ではないのかもしれません。 しかし、吉継は秀吉の死後徳川家康と親交を深めています。 では、なぜ西軍についたのでしょうか? 大谷…
    • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 出典:大谷吉継 - Wikipedia

    大谷吉継が侵されていたとされる病気とは?

    大谷吉継は永禄元年(1558)に近江(現在の滋賀県)で生まれたというのが通説ですが、その出自については不明な点が多く残されています。一説には秀吉の正室・高台院の侍女である東殿であるともいわれ、これを根拠に秀吉の隠し子…
    • このエントリーをはてなブックマークに追加

人名・事柄名

ページ上部へ戻る