新撰組の強さの源!天然理心流とはどんな特徴を持った剣術だった!?

Sponsored Links

志を掲げ、幕末を駆け抜けた新撰組。

新撰組の幹部のほとんどが、「天然理心流」という剣術の流派を修めていました。

今回は、その「天然理心流」とはどんな剣術だったのかについて迫ります。

「新撰組」の活躍と共に有名になった流派

天然理心流は、江戸時代後期に近藤内蔵之助という1人の剣術家によって創始されました。

古武術としては、比較的新しい時代のものです。

その頃、江戸には三大道場といわれる、たいへん有名な剣術道場が三つありました。

千葉周作の北辰一刀流(玄武館)・桃井春蔵の鏡新明智流(士学館)・斎藤弥九郎の神道無念流(練兵館)です。

「位は桃井、技は千葉、力は斎藤」と称えられたそれぞれは、時代を象徴するような多くの志士たちを生みだしました。

一方の天然理心流の開祖:近藤内蔵助も江戸で道場を開いていましたが、無名であり、多摩など近隣の農民たちに門弟が多いためか「田舎剣法」「芋道場」と呼ばれていました。

そんな「天然理心流」が一躍歴史の大舞台に出てきたのは、幕末に維新志士を震撼させた新撰組の「必殺剣」です。

北辰一刀流、神道無念流などの剣客も多く在籍した新撰組ですが、局長の近藤勇、土方歳三、沖田総司、井上源三郎など、やはり中核をに担うのは天然理心流の一門でした。

Sponsored Links

実践で活きる流派 「天然理心流」

大きな内戦もなく、鎖国制度により外からの脅威も実感出来ずにいた、一見太平楽な江戸時代において、剣術は茶道や華道などといった「武士階級のたしなみ」とほとんど変わらないものになっていました。

有名な道場に入門していても、人脈つくりや政治談議といったことに時間を費やすことが多く、帯刀とは、身分を示すものとして、腰の飾り物となってしまっていた武士も大勢いました。

その頃、遠州出身と言われる剣客の近藤内蔵助は、さまざまな流派を学んだのち、「天然自然の法則にしたがう」ことで、心と体を鍛え技を磨く「天然理心流」を作り出しました。

剣術だけではなく、居合、柔術、小具足術(短刀)、棒術など、が合わさった総合武術である「天然理心流」は、非常に実戦に向いていました。

当たり前のことですが、鋼でできた真剣は、非常に重いものです。

実際の戦いで斬り合う場合、普通の木刀での練習では真剣の重さになれず、うまく扱えません。

また、練習の形とは違う、相手の予期せぬ動きや、シチュエーションにも対応できなくてはいけません。

天然理心流の稽古では、実際の真剣の重さにあわせた(もしくは真剣より重い)太い木刀で行ったり、剣術と並行して柔術も取り入れたりと、実戦を強く意識したものだったと言われています。

門人には農民が多いため、分かりやすい組み立ての訓練プログラムでした。

それを何度も何度も繰り返すことで足腰と胆力を鍛え、極意の「千変万化臨機応変」を体現した、どんな状況でも技を繰り出せるような訓練を積んでいました。

有名な技「三段突き」も、鍛えられた足腰と素早い動きがあるからこそ、三回の突きが一回に見える奥義と為り得たのです。

また、武州多摩郡に、天然理心流が盛んだったことが特徴としてあげられます。

開祖近藤内蔵助は、江戸で道場を開いたものの、既存の大きな道場が隆盛を誇っていたため、マイナーな天然理心流の門人は寺侍や農民などが多く、近隣の農村、多摩地方などでも稽古をつけていました。

多摩地方という土地は、幕府直轄地。

自警の意味も含め農民にも武術が浸透していた上に、多摩地方の領主は徳川幕府そのものですので、「幕府のために戦う、将軍を守護する」という意識の高い地域でした。

後の幕末期に、徳川幕府お抱えとして最期まで徹底抗戦を貫いた新撰組の気概が、ここですでに作られていたとも言えます。

やがて、新撰組へとつながる

開祖:近藤内蔵之助の後、二代宗家近藤三助は、早世してしまい、一門の誰にも免許皆伝や指南免状を発行せずに亡くなってしまいました。

優れた弟子たちがそれぞれ天然理心流を受け継ぎ、やがて三代宗家近藤周助(近藤勇の養父)、四代宗家近藤勇の順で流派を継承していきました。

外国の脅威が刻々と迫る、江戸時代後期。

三代宗家近藤周助の代となっていた天然理心流の道場は江戸にあり、近隣の農村への出稽古をして、門弟を確保していました。

多摩地方の農家の子として生まれた近藤勇は、父親の影響からか「三国志」「水滸伝」を好み、武士に憧れ天然理心流の門弟となりました。

近藤勇の父親も自宅作った道場に天然理心流の師範を招き、地域の若者に剣術を学ばせていたのでした。

そんな中、めきめきと実力をつけていった近藤勇は、師:近藤周助の養子となり、農民出身ながらやがて宗家を名乗り、試衛館と天然理心流を継いでいきます。

四代宗家となった近藤勇の元には、同門の沖田総司、井上源三郎、幼馴染でもあった土方歳三らがいました。また、食客として他流派の山南敬助、永倉新八、原田左之助、藤堂平助ら後の新撰組の幹部となる面々が集いました。

他流派の剣術家も試衛館に受け入れ、身分や肩書を問わない大らかさが、形の美しさと規律を重要とした名門流派にはない、天然理心流の魅力の一つであったことが裏付けられます。
65082ecab4a7111be98861558ae1767b_s

天然理心流の今

近藤勇が徳川幕府と運命を共にし、志半ばでなくなってしまったため、五代目宗家を継ぐものはありませんでした。

しかし、早世した二代宗家の高弟、松崎正作から続く天然理心流の系統が、現代でも「心武館」として門戸を開いています。

また、平成24年、心武館で長年修業を積んだ髙鳥天真師が館主となり、新撰組研究の重鎮をはじめとする多くの人々より後援を得て、近藤勇の遺志を継ぐ「天然理心流 試衛館」が再興されました。

新撰組ファンなら誰もが憧れる、「天然理心流」の剣技と魂を今に伝えています。

Sponsored Links

真田丸 関連商品


この記事が気に入ったら
いいねで歴史の小ネタを毎日お届け!

ひすとりびあの最新情報をお届けします

Twitterでひすとりびあをフォローしよう!

北村美佳子

北村美佳子

投稿者プロフィール

いにしえに想いを馳せて、一人涙し、一人ニヤつく。そんな日本史をこよなく愛するライター。重度の活字中毒でもある。愛読書は梅原猛氏の本。
日本史が好き過ぎて、記事を書きながら悶絶することも多々あるけれど、いくつになっても好きなものは好きだと言える女でいたい、そう願って邁進中であります。

この著者の最新の記事

人名・事柄名

ページ上部へ戻る