本当は違うぞ! 織田信長が豊臣秀吉を「猿」というあだ名で呼んでいたのは嘘だった!

Sponsored Links

小さい頃って、たいていの人はあだ名があったかと思います。

見た目だったり、名字や名前をもじったり、単純だけれどその人をけっこう的確に表していたと思いませんか?

織田信長は、家臣にあだ名をつけていたといいます。有名なものは、やはり豊臣秀吉を「猿」と呼んでいたという話です。

でも、実は「猿」とは呼んでいなかったという話が…これって本当なんでしょうか?

猿ではない! 実は別のあだ名があった!

秀吉の浮気癖にほとほと嫌気が差した妻ねねは、夫の主君である信長に訴えたことがありました。

その返事として寄越した書状の中で、信長は「そなたはあのはげねずみ(秀吉のこと)にはもったいないくらいだ」と言っています。

また、秀吉のことを「六ツめ」と呼んでいたと、前田利家の回想録「国祖遺言」にあります。六ツめというのは、秀吉の右手親指が1本多かったためだそうです。

この話はポルトガル人宣教師フロイスの「日本史」にも記されています。

Sponsored Links

信長が「猿」と呼んだという話の由来は?

信長が秀吉を「猿」と呼んでいた記録はないのですが、他の人たちがそう呼んだ形跡があります。

秀吉が信長に仕える以前に世話になった松下之綱(まつしたゆきつな)は、秀吉を「猿かと思えば人、人かと思えば猿なり」と評しています。

また、1591年(天正9年)に京都市中に張り出されたという狂歌は、「まつせとは べちにあらじ 木の下の さる関白をみるにつけても」と歌っています。猿並みの秀吉が関白になるとは、仏教の「末世」だという意味で、これも秀吉を「猿」と呼んでいます。

秀吉に謁見した朝鮮の使節も、「(秀吉は)猿に似ている」と言っており、多くの人は秀吉が猿に似ていると思っていたのでしょう。

そして、面と向かってではなくても「猿」と言っていたのではないでしょうか。肖像画を見ても、猿に似ていますし…

だから、信長のあだ名好きに合わせて、信長が言ったことになってしまったのではないかと考えます。

他の重臣たちのあだ名

信長はあだ名をつけるのが好きな人物でした。真偽不詳のものを含め、多くの人たちにあだ名をつけています。

最も有名なのは、明智光秀につけた「キンカ頭」でしょう。きんかん、きんかとも言われますが、これは金柑のことです。額が広い光秀の頭の形が金柑に似ているというので、そう呼びました。

前田利家のことは「犬」と呼んでいます。これは彼の幼名「犬千代」に由来します。

また、あだ名とは少し違いますが、自分の子供たちにも変わった名前を付けています。

長男:信忠の幼名「奇妙丸」は、生まれたときの顔が奇妙だったから、とか、二男:信雄の髪の毛が茶筅(ちゃせん)みたいだったから「茶筅丸」とか、そのネーミングセンスは非常に独特です。

だからこそ、変わったあだ名も家臣たちに付けたのでしょうね。

01bddc927db3965091e13387830f96d7_s

まとめ

あだ名の付け方を見ても、信長のセンスが常人とはかなり異なるということがわかります。

こういう人だからこそ、南蛮文化も抵抗なく受け入れたりしたのでしょう。

ただ、信長に「キンカ頭」と怒鳴られた光秀がひどく傷つき、それが本能寺の変につながったなんていう見方もあるので、あだ名を付けるとき、呼ぶときは気を付けないといけませんね…。

Sponsored Links

真田丸 関連商品


この記事が気に入ったら
いいねで歴史の小ネタを毎日お届け!

ひすとりびあの最新情報をお届けします

Twitterでひすとりびあをフォローしよう!

xiao

xiao

投稿者プロフィール

歴史と犬の話題があれば生きていける、そんな人間です。
平安時代と戦国時代が好きですが、調べ出したらどの時代でも面白いです。歴史って本当に面白いものですね。
「トリビア」な話題を、みなさんにわかりやすく面白く読んでいただけるように頑張ります。

この著者の最新の記事

人名・事柄名

ページ上部へ戻る