徳川秀忠と江の夫婦仲は良かったのか?

Sponsored Links

大河ドラマにも題材として扱われたこの夫婦ですが、大河ドラマはあくまで「ドラマ」であって、史実とは違う部分も多々あるようです。

では、実際の江はどういう人だったのでしょう?

夫の秀忠とはどのような関係だったのでしょう?

真相に迫ってみます。

経緯

そもそも、なぜこの二人が結婚することになったのでしょう?

それぞれに当初は結婚するはずはなかったのですが。

まず江ですが、一般には江、江与として知られ、彼女は浅井長政とお市(織田信長のい妹)の3女です。

一般的に「浅井三姉妹」として知られます。長女は茶々、二女は初、三女は江。母のお市に似て、美人だったようです。

江は最初に佐治一成と結婚しますが、秀吉によって離縁させられています。そして次に、秀吉の甥である豊臣秀勝と結婚し、完子という娘をもうけますが、秀勝が没したことで死別します。

3度目に徳川秀忠と結婚することになったのです。

徳川秀忠

言わずと知れた、江戸幕府2代将軍です。彼は当初織田信雄の娘である”小姫”と結婚する予定でいたのですが、小姫の死去により結婚は流れてしまします。

そんなときに数奇な運命を辿った江と結婚することになるのです。

Sponsored Links

夫婦仲

秀忠は恐妻家だったと言われますが、本当でしょうか?

江は秀忠より6つ年上ですし、2度の落城、2度の離婚と経験してきた女性です。

気丈でもあったようですが、それは人生経験からくる気丈さかもしれません。

また江は「崇源院」としても知られるのですが、彼女は大奥にて春日の局と対立したともされますが、それは後世の創作ではないかとの研究もあります。

秀忠はただ真面目で、大人しい人物でした。そんな風ですから、気丈な江に少し圧倒されていたかもしれません。

江に頭があがらず、側室も持てなかったと言われている秀忠ですが、側室を持たなかったのは事実ですが、本当に江に遠慮してかは分かりません。

夫婦仲が良いとも悪いとも言えず、そういった資料も残されていませんから。

江の死後も秀忠は側室を持っていませんし、ただ単に女性に対して淡泊だっただけかもしれません。

つまるところ、夫婦仲が良かったとも悪かったとも、恐妻家だったとも言い難いといったところです。

現在の尺度とは違いますし、何より政略結婚ですしね。

他の武将

他の武将にも、妻が年上である、恐妻家であるとされている人は数人いるようです。

徳川家康と築山殿

築山殿が10歳年上です。彼女は今川義元の娘なので、家康も大切に扱っていたようですが、今川の死後はぞんざいに扱っていたとか?

直江兼継とお船

お船が3つ年上ですが、夫をよく支えて夫婦仲は非常に良かったとされます。

福島正則と冒泉院

晶泉院の生年が不明なので、年上だったかは分かりませんが、正則は恐妻家でした。

嫉妬にかられた妻に、薙刀で斬りつけられたというエピソードがあります。

当時の夫婦仲とは

時代が時代ですし、現代の感覚でいう結婚とも違ったのでしょうね。

何せ、結婚の場で初めて顔を合わせることがほとんどだったでしょうし、誰かの命令で結婚させられますものね。

そんな結婚ですから、夫婦仲が良いも悪いもあまりなかったかと思います。

結婚して子供を産んで、家を大きくして…それで良かったのかも知れません。

そうなると、当時の結婚で夫婦仲が良かったとされている武将たちは、よほど相性が良かったのでしょうね。

Sponsored Links

真田丸 関連商品


この記事が気に入ったら
いいねで歴史の小ネタを毎日お届け!

ひすとりびあの最新情報をお届けします

Twitterでひすとりびあをフォローしよう!

人名・事柄名

ページ上部へ戻る