小早川秀秋の呼称 「金吾(きんご)中納言」ってどういう意味!?

Sponsored Links

戦国大名と朝廷の官位って、あまり結びつくイメージが無いような気がしませんか?

大名たちが衣冠束帯に身を包んで参内している図って、なんだか奇妙な感じがします。

しかし、有力な大名になると皆、官位を与えられていたんですよね。朝廷と武家との力が逆転した証拠です。

困ってしまうのは、同じ官位に複数の人がいるとややこしくなってしまうことです。

豊臣氏が全盛の頃、中納言が複数いたことがあります。その中のひとり関ヶ原の戦いでも有名な小早川秀秋は、「金吾(きんご)中納言」と呼ばれていました。

しかし、それって何を意味しているのでしょうか?他にいた中納言はそんな呼ばれることはあったのでしょうか。

気になることは、検証してみましょう!

金吾中納言の「金吾」の意味

秀秋は「金吾中納言」と呼ばれていましたが、「金吾」とはいったい何のことなのでしょう。

これは官職を指し、左衛門督(さえもんのかみ)の唐名である「執金吾(しつきんご)」から来ています。

執金吾は武官の官職で、後漢の光武帝が若かりし日に「仕官するなら執金吾」と言ったほど、当時の人々にとっては憧れの官職でした。

では、執金吾の日本バージョンである左衛門督についてご紹介します。

左衛門督は、衛門府(えもんふ)に属する武官です。「督」は左右に各1人ずつ配置され、中納言や参議が兼任することがほとんどでした。鎌倉時代以降は、専ら武家に与えられる官職となりました。

Sponsored Links

当時、他に中納言の官位に就いていたのは誰?

秀秋と同じ頃、中納言の官職にあった人物は何人かいます(実際に秀秋が中納言となったときは、まだ羽柴秀俊を名乗っていましたが、ここでは秀秋と呼びます)。

年代順に見ていくと、

  • 小早川秀秋(1592年)
  • 徳川秀忠(1592年)
  • 豊臣秀保(ひでやす・1592年)
  • 上杉景勝(1594年)
  • 宇喜多秀家(1594年)
  • 毛利輝元(1595年)

と、たった4年の間に6人もの中納言が生まれています。

中納言の呼び分け方

これだけ多くの中納言がいると、単に中納言と呼ぶわけにはいきません。

そこで、秀秋を「金吾中納言」と呼んだように、他の中納言にも呼び名がありました。

大抵の場合は、領地にちなんだものでした。

  • 徳川秀忠:江戸中納言
  • 豊臣秀保:大和中納言
  • 上杉景勝:越後中納言、会津中納言
  • 宇喜多秀家:備前中納言
  • 毛利輝元:安芸中納言

といった感じです。

もちろん秀秋にもこういった呼び名があり、筑前中納言や岡山中納言といったものが伝わっています。

しかし、金吾中納言の方がポピュラーであったようですね。

a62acbb8dd8a1cbbf1a79a270df826da_s

まとめ

6人も中納言がいるというのは、ちょっと多すぎるような気がしますが、実は後鳥羽院政の頃は定員10名だったそうで、これが定着していたのだそうです。

そして、15年以上参議を務めなければ、中納言にはなれないことになっていました。

しかし、豊臣秀吉が関白となった影響で、官位を与えることが容易になったというわけです。

武家が朝廷を圧倒した図が、ここにもあるのです。

Sponsored Links

真田丸 関連商品


この記事が気に入ったら
いいねで歴史の小ネタを毎日お届け!

ひすとりびあの最新情報をお届けします

Twitterでひすとりびあをフォローしよう!

こんな記事も読まれています

xiao

xiao

投稿者プロフィール

歴史と犬の話題があれば生きていける、そんな人間です。
平安時代と戦国時代が好きですが、調べ出したらどの時代でも面白いです。歴史って本当に面白いものですね。
「トリビア」な話題を、みなさんにわかりやすく面白く読んでいただけるように頑張ります。

この著者の最新の記事

人名・事柄名

ページ上部へ戻る