戦国時代屈指のイケメン武将 木村重成の逸話

Sponsored Links

木村重成は、戦国時代を駆け抜けた屈指のイケメン武将といわれています。

重成がイケメンとされている逸話やその人物像に迫っていきます。

木村重成の生い立ち

木村重成は、豊臣秀吉の家臣である木村重茲の息子に産まれたとされていますが、ハッキリとしていない部分もあるとされています。

母である宮内卿局は、豊臣秀頼の乳母となった人物です。

つまり、重成は秀頼の乳兄弟という事になります。

現代では乳兄弟というものがないため、あまり想像がつかない部分ではありますが、秀頼にとっては重成が小姓として仕えていたというのもあるでしょうが、絶対的な信頼を置いていた家臣とされており、豊臣秀吉亡き後の豊臣家の重臣という立場となっていきました。

Sponsored Links

人物像

人物像としては、聡明で、物静か、物腰も柔らかく一説には声を荒げて怒ったところをみたことがないといわれるほどの人物とされています。

また、類い希な気品も兼ね備えており、刀、槍、馬術などの武術にも大変優れた武将です。

そして、乳兄弟でもあった秀頼に対しての、忠誠の高さもあり若いながらも豊臣家にとっては重要な人物とされています。

木村重成のイケメン伝説

豊臣秀頼の母である淀殿は徳川家によって随分と歪んだイメージを植え付けられていますが、重成という人物については何故かどの文献でもとにかく褒め称えられている内容の記述ばかりが目立っています。

内容としては、身長も大変高く、体格もがっちりしている。顔は色白で眉は黒々としており、目はキリリとしているなどなど。

逸話として残っている話としては重成が女装をしても誰も気がつかないほどでした。

また、重成は大坂の陣直前に大蔵卿局の姪である青柳と結婚していますが、実はこの結婚は、青柳が重成に一目惚れをしてしまったからとされています。

この夫婦については重成は大坂の陣で討死となったものの、青柳は重成の子を出産し、重成の一周忌を終えると、自害をしたという悲しいながらも美談が残っています。

戦国時代のイケメンたち

重成の他にもイケメンだったとされている戦国武将がいます。

平安時代の美人の条件が現代の美人の条件と随分異なる様に現代人からするとイケメン?という部分もあるかもしれませんが、戦国時代のイケメンは目元がきりっとした精悍な顔立ちとされています。

戦国時代の人気ナンバー1武将といっても過言ではない織田信長も戦国時代のイケメン像に合致する人物です。

逸話としては子どもの頃は、女の子のように可愛くてその事をからかわれたので、後にあのような奇行に走るようになったとされています。

そして、本能寺の変で最後まで信長に従った森蘭丸も美男子との説があります。

Sponsored Links

真田丸 関連商品


この記事が気に入ったら
いいねで歴史の小ネタを毎日お届け!

ひすとりびあの最新情報をお届けします

Twitterでひすとりびあをフォローしよう!

こんな記事も読まれています

人名・事柄名

ページ上部へ戻る