投稿者プロフィール

Mana

Mana

歴史が好き!!の勢いで突っ走る歴史オタクのライターです。その時代に生きた人々の文化や偉人達の人間味あふれるエピソードに興味津々。鎌倉や京都、全国の史跡を訪ねつつ温泉や美味しい物を楽しむのが何よりの幸せです。歴史のオモシロ話を読みやすい文章でお届けできるように頑張ります。

Mana一覧

  • 相模の獅子こと北条氏康 傷を負いながらも前線で戦った北条家当主の武勇伝

    北条氏3代目の当主であり、教養に富み、善政を敷いた名君であったと称される北条氏康。 実は彼には相模の獅子(相模の虎とも)というすごいあだ名があります。 なんとかっこいいあだ名なんでしょうか…いかにも強そうです…
    • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 篭城の名手北条氏康 彼の勝利の秘訣とは!?

    北条氏の祖:北条早雲以来北条氏の本拠地となった小田原城は難攻不落の城として知られています。 中でも三代目:北条氏康の時代にはあの上杉謙信や武田信玄の軍ですら小田原城を落とせなかったと伝わっています。 ここから…
    • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 穴山梅雪は何故、武田勝頼を裏切った? 武田氏の命運を左右した男の謎にせまる

    武田勝頼と穴山梅雪。 彼らは主君と家臣であると同時に、縁戚関係で結ばれた親戚同士でもありました。 しかし、織田、徳川軍の甲斐侵攻の際、梅雪は勝頼を見限り、徳川家康に投降してしまいます。一体なぜ梅雪は勝頼を裏切…
    • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 木曽義昌が武田勝頼を裏切ったのは仕方が無い事情があったらしい!?

    武田信玄の死後、勝頼を裏切った武将の一人としてあげられる木曽義昌。 同じく裏切った穴山梅雪や小山田信茂と同じように武田氏の親族だった義昌ですが、彼の立場は二人とは微妙に違った物でした。 交通の要所であり、豊か…
    • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 武田氏を裏切った穴山梅雪 その子孫は一体どうなった?

    武田氏の滅亡という大きな事件の裏には、穴山氏を始めとした有力な家臣の裏切りが大きく関わってきます。 その穴山氏の当主:穴山梅雪と穴山氏は武田氏滅亡後、どうなったのでしょうか。 武田氏を見限った穴山梅雪 穴山梅雪…
    • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 徳川家康が江戸に幕府を開いた理由 京都や三河じゃないワケは!?

    江戸は1590年に徳川家康が入城して以来整備が進み、徳川家の本拠地として栄えてきました。 そして、1603年家康の征夷大将軍就任と共に幕府が開かれます。 しかし、元々三河出身の家康が自身の出身地でも、当時の政…
    • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 徳川家康は松平元康から、何故改名をした!? 家康の家の字は誰からもらった?

    戦国時代の武将はよく名前を変えます。 読んでいる本によって名前が違ったり名字が違ったりとなんとも混乱してしまいます。 徳川家康も例外ではなく、彼は元服してから名前3回名字を1回変えています。 一体どうし…
    • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 徳川家康は豊臣秀吉によって、江戸に追いやられた!? 当時の江戸の実態とは

    徳川幕府が開かれ、天下泰平を象徴するように発展した土地、江戸。 徳川幕府から明治時代、現在、東京と名前を変えても日本の中心で有り続けるこの土地を家康が選んだのは何故だったのでしょうか。 よく言われているのは家…
    • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 前代未聞の大事件! 織田信長が比叡山延暦寺を焼き討ちした理由とは!?

    織田信長の数々の「悪行」と呼ばれるものの中に比叡山延暦寺への焼き討ちがあります。 多くの僧侶や女子供が殺されたこの事件は神仏を恐れない暴虐な行いだったと言われますが、本当にそうだったのでしょうか? 当時の比叡…
    • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 第六天魔王は織田信長の自称だった!? あだ名に込められたブラックユーモア

    戦国時代の覇者織田信長。 彼を第六天魔王と呼ぶのは一度は聞いた事があるのではないでしょうか。 魔王なんてなんともインパクトのあるあだ名ですが、一体彼はなぜそう呼ばれるようになったのでしょう。 その経緯に…
    • このエントリーをはてなブックマークに追加

人名・事柄名

ページ上部へ戻る