投稿者プロフィール

北村美佳子

北村美佳子

いにしえに想いを馳せて、一人涙し、一人ニヤつく。そんな日本史をこよなく愛するライター。重度の活字中毒でもある。愛読書は梅原猛氏の本。
日本史が好き過ぎて、記事を書きながら悶絶することも多々あるけれど、いくつになっても好きなものは好きだと言える女でいたい、そう願って邁進中であります。

北村美佳子一覧

  • 真面目で几帳面!? 明治を生きた新撰組三番組長 斎藤一の性格とは

    忠義に厚い人だった、いや、人目を欺く三重スパイだったとさまざまな憶測が飛び交う、新撰組の三番組長斎藤一。 その出自や行動に謎が多く、戊辰戦争を生き延びたものの多くを語ることはなかったため、正体不明の人物と言われてい…
    • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • がむしゃらな熱い漢!?新撰組二番隊率いる永倉新八の性格とは

    新撰組の初期メンバーであり、明治を生き延びた、新撰組2番隊組長永倉新八。 後半生には、新撰組の多くを後世に伝え残し、亡くなった隊士たちの弔いや建碑などの活動に貢献した人物です。 今回は、そんな永倉新八の性格に…
    • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 英傑?暴君?幕末最強の武装集団、新撰組局長「近藤勇」の性格とは?

    幕末最強ともいわれ、京を震撼させた、新撰組。 その新撰組を束ね、武士の世の終わりに儚くも殉じた局長「近藤勇」とは、いったいどのような人物だったのでしょうか。 今回は、残されたエピソードや証言から、近藤勇の性格…
    • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 新撰組のブレーン 最期は壮絶な切腹死を遂げた山南敬助の性格とは

    新撰組幹部の中でも、特に謎の多い山南敬助。 その姓は、現在一般的には「やまなみ」と読まれることが多いようですが、「三南」「三男」と書かれている史料があることなどから「さんなん」と読むのが正しいとも言われています。 …
    • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 新撰組の斬り込み隊長!藤堂平助の性格とは

    新撰組の八番隊組長をつとめ、斎藤一と並び最年少幹部としても知られる藤堂平助。 近藤勇の四天王とまで言われていた藤堂平助は、じつは津藩主のご落胤説のある人物です。 そんな藤堂平助は、いったいどんな性格だったので…
    • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 槍の名手!新撰組原田左之助の使用した槍とは

    新撰組の十番組率いる原田左之助の得物は、槍と言われています。 壬生浪士組、新撰組と隊の主戦力として第一線で活躍し続けてきた原田左之助と共に、いくつもの死闘を潜り抜けてきた愛用の槍とはどんなものだったのでしょうか。 …
    • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 新撰組隊士 原田左之助は実は結婚していた! お相手はどんな人?

    殺伐とした幕末の世に身を投じ人斬り集団とも恐れられた新撰組。斬った張ったの日々のなか、癒しや安らぎを女性に求め、島原などに通ったり、色街の女性を囲い安息所に置くなど現地妻のような形で妾を作ったりしている隊士もいました。 …
    • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 暗殺された新撰組筆頭局長「芹沢鴨」は本当に「悪」だったのか

    壬生浪士組(のちの新撰組)の初代筆頭局長という地位にいながらにして、内部抗争により暗殺されたと言われる「芹沢鴨」。 女、酒グセが悪く、乱暴狼藉の目立つ悪漢として語られることの多い人物です。 しかし、「尊皇攘夷…
    • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 新撰組初期メンバー 水戸派の新見錦が切腹させられた理由

    時代の大きな転換期、幕末。 様々な思想や思惑が入り乱れてはぶつかり合い、多くの血が流れた時代でもありました。 咲いても決して実を結ばないあだ花のように、歴史の中で苛烈に咲いては散っていった新撰組も、組織として…
    • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 新撰組の最年少幹部 藤堂平助の愛刀とは

    江戸千葉道場で北辰一刀流を学びつつも、近藤率いる試衛館に出入りするようになり新撰組の草創期を支えた、生え抜きの幹部隊士藤堂平助。 戦闘時には真っ先に敵陣に飛び込んでいくことが多いため「魁先生」との異名を持ちながら、…
    • このエントリーをはてなブックマークに追加

人名・事柄名

ページ上部へ戻る